ソフトウェア品質の基礎講座

ソフトウェア品質の基礎講座

要件定義を書くポイント等、上流工程で品質管理していくポイントが学べます。

ソフトウェアではテスト項目が多すぎて絞り込めない、リリース後の不具合修正が大変、そもそも不具合の根本原因がわからないという事はありませんか。QualityCubeはお客様のソフトウェア品質を効率良く、低コストで向上するためのノウハウをお教えします。ソフトウェア品質の基礎では、品質と顧客満足の関係、ソフトウェア品質の特性を解説します。

品質管理の鉄則は上流工程から抑えるのがポイントです。市場不具合の8割が要求定義や要件定義での考慮漏れです。当講義では要件定義を書くポイント等、上流工程で品質管理していくポイントが学べます。

学習形態 eラーニング
受講対象

製造業/サービス業のITプロジェクト推進者
受託開発会社のプロジェクトマネジャー
製造業・サービス業のIT初心者

学習時間 視聴時間 50分 標準学習時間 60分(理解度テスト含む)
価格 1ヶ月視聴5,500円(税込)/1人
学習内容

第1章
品質の定義 / 当たり前品質と魅力的品質 / プロダクト品質とプロセス品質 / ソフトウェア品質特性

第2章
要件定義とは / 要件定義ドキュメント / 業務要件 / 機能要件 / 非機能要求グレード / 超上流工程の要点

第3章
設計の意義 / 設計ドキュメント / 要件定義と基本設計の関係 / 設計のトレーサビリティ

第4章
V&Vの視点 / テスト視点のV字モデル / テスト工程の定義 / ホワイトボックステスト / ブラックボックステスト / ソフトウェアテストの7原則 / テストドキュメント / 網羅性と正確性 / テストのトレーサビリティ