自動車サイバーセキュリティ講座

自動車サイバーセキュリティ講座とは

ISO21434準拠に向けての概要と導入方法について事例を交えて解説します。

2020年6月、自動車基準調和フォーラム(WP29)にてサイバーセキュリティとソフトウェアアップデート​に関する国際基準が成立​しました。そして、2022年7月には新型車、2024年7 月までに全車種へのCS対策義務化が義務化されています。
つまり、サイバーセキュリティ対策義務化に対応するためにはISO21434の準拠が必要になる、ISO21434に準拠しなければ、今後車載ソフトウェアを販売できなくなるということです。
本講座は自動車サイバーセキュリティ対策義務化に対応する自動車関連メーカー様向けの講座です。

学習形態 集合研修/Web研修/eラーニング
受講対象 自動車関連メーカー
学習内容

第1章
本講座の目的と流れ/ISO21434が必要になる理由/
ISO21434とサイバーセキュリティ

第2章
ISO21434の内容

第3章
ISO21434準拠に必要なこと/ISO21434対応事例

導入の流れ

お打ち合わせ・お見積り無料 最短1週間でご提供可能
STEP1▶ STEP2▶ STEP3▶ STEP4▶ STEP5
お問い合わせ  お打ち合わせ  ご提案・お見積り ご提供準備  ご提供 

1.お問い合わせ

まずはお問い合わせください。その際、下記についてお分かりでしたらお伝えください。

  • 希望講座
  • 予定人数
  • 希望時期
  • 受講方法
  • その他ご要望、ご質問など

お問い合わせいただいたのち、2営業日以内に弊社の担当からご連絡を致します。

2.お打ち合わせ

弊社担当からご連絡させていただいた際にお打ち合わせ日程を調整させていただきます。
後日関係者様と弊社担当の者でWebミーティングもしくはお電話で30分程度お打ち合わせをさせていただきます。

3.お見積り

お打ち合わせの内容からお見積りをご提示致します。ご予算に合わせたプラン設定も可能です。

4.ご提供準備

必要に応じてカリキュラムやコンテンツをカスタマイズ致します。
ご提供準備期間はプランに応じて1週間~1か月程度いただいております。

5.ご提供

ご要望に合わせて、集合研修/Web研修/eラーニング/もしくはこれらを組み合わせたかたちでご提供いたします。

まずはお問い合わせください。