自動車サイバーセキュリティコース

自動車サイバーセキュリティコース (eラーニング )

2020年6月、自動車基準調和フォーラム(WP29)にてサイバーセキュリティとソフトウェアアップデート​に関する国際基準が成立​しました。そして、2022年7月には新型車、2024年7 月までに全車種へのCS対策義務化が義務化されています。
つまり、サイバーセキュリティ対策義務化に対応するためにはISO21434の準拠が必要になる、ISO21434に準拠しなければ、今後車載ソフトウェアを販売できなくなるということです。
本講座は自動車サイバーセキュリティ対策義務化に対応する自動車関連メーカー様向けの講座です。


■自動車サイバーセキュリティ講座

<受講対象>
自動車関連メーカー

<講座概要>
視聴時間35分 標準学習時間 45分

第1章本講座の目的と流れ/ISO21434が必要になる理由/
ISO21434とサイバーセキュリティ
第2章ISO21434の内容
第3章ISO21434準拠に必要なこと / ISO21434対応事例

<価格>
1ヶ月視聴で3,300円(税込)/1人